格安航空券で知床の大自然を満喫しよう

綺麗な浜辺と青空

格安航空券で知床の大自然を満喫しよう

自然遺産として2005年7月に登録されたのが北海道の知床です。こちらも予想外に遅かった印象があります。自然の宝庫と言われる北海道の中でも知床はさらに秘境です。野生のヒグマと遭遇することも珍しくありません。そんな知床へ格安航空券で行くにはどうするか?手段はたくさんありそうです。

最も近い空港は女満別です

空港のシルエット
知床へ向かうツアーならどこへまず行くべきでしょうか。
地元の観光協会は、女満別または釧路空港からのアクセスを紹介しています。

羽田から女満別空港へはJAL航空券が使えます。
またANA航空券はエアドゥと共同運航便になります。いずれも朝昼夕の1日3往復です。
季節によっては混雑が予想されるので、早めの予約がおすすめです。
ならば間違いなく格安航空チケットを手配しましょう。
女満別空港からはレンタカーもありますが、知床エアポートライナー号と呼ばれる定期バスがあります。

飛行機の到着および出発に合わせて走っています。
知床の玄関口であるウトロまでは約2時間15分、大人片道3,300円です。

釧路空港からも目指せます

釧路空港へは羽田からJAL3往復、ANA1往復、そしてエアドゥが2往復です。
ただし釧路から直接知床まで向かえる交通手段はありません。
JR釧路本線で知床斜里駅へ向かうか、レンタカーを使うことになるでしょう。

湿原や阿寒湖など他の観光と合わせたプランであれば釧路空港も選択肢に入るでしょうが、知床単体ならば難しいかもしれません。
そのため女満別空港便が取れなかった際の抑え的ポジションです。

新千歳経由でついでに北海道内を巡ろう

北海道は広いです。旅行の日程がタイトであれば近場の空港を利用すべきでしょう。
とはいえ女満別空港からウトロまで約100キロあります。レンタカーを使ったとしても2時間以上かかります。

ならば新千歳空港を経由しても同じことです。
ついでに北海道内を巡るゆったりとしたプランを考えてみましょう。
新千歳羽田便の方が、格安航空券を探しやすいのは確かです。

北海道ならエアドゥです

エアドゥのロゴマーク
東京から北海道へ向かう安い航空チケットを探すなら、やはりエアドゥです。
今はANAの傘下に入っていますが、現在のような価格競争が起きたのはエアドゥが新規参入したおかげと言っても過言ではありません。
ソフトドリンクの無料サービスもあります。
登場当初のようなLCC的に最安値を目指してはいませんが、東京から北海道気分を味わいたいなら、エアドゥの航空券を購入しましょう。
なお有料ですが生ビールのサッポロクラシックが飛行機内で味わえるのはエアドゥだけです。
平日夕方の新千歳便限定ですが、200円で飲めるキャンペーンがあります。

知床は逃げません

知床の魅力は雄大な自然です。1日で回りきれるものではありません。
ならばゆったりとした日程を企てましょう。
今から来年の計画を作るのも良いでしょう、夏だからこそ日本の北端、北海道を堪能するのも乙なものですよ。
知床の母なる大地は逃げていなくなることはないからです。

≪ 前の記事:
△PAGE TOP

Copyright(C)2017 日本には世界遺産が21か所、観光には格安航空券を使ってみましょう All Rights Reserved.